自己破産すると家族はどうなる?

自己破産,家族

自己破産をするとその家族はどうなってしまうのでしょうか?

 

路頭に迷うことになってしまうのでしょうか?

 

自己破産と聞くと、家族からも全部搾り取られて、何も残らないイメージがありますよね。

 

でもそんなことはありません。

 

ここでは自己破産がどのように家族に影響するかみていきたいと思います。

 

自己破産しても原則として家族に影響はない

債務整理の最終手段となる自己破産にはいいイメージを持たない方がほとんどだと思います。

 

今まで築いてきた人生をすべて失ってしまうんじゃないか?

 

そして愛する家族の人生にも暗い影を落としてしまうのでは…

 

家族への影響が何より心配になると思いますが、家族が保証人になっていなければ、自己破産は基本的には本人のみに影響し家族には関係がありません。

 

しかし自分名義の自宅は失います。

 

家族は住み慣れた家から引越しをしなければならないので、一概に影響がないとは言えないところです。

自己破産をする前に財産を移してしまえばいいのでは?

自己破産をしても配偶者の財産は差し押さえの対象外です。

 

将来自己破産をするかもしれないから、最初から全ての財産を妻名義にしておこうと考える人はいませんよね?

 

なら自己破産の可能性が見え始めたら、名義を配偶者に変えてしまえばいいと思うかもしれませんが、これはほぼバレてしまいます。

 

当たり前ですが、名義変更などを頻繁に行うことも怪しまれます。

 

名義変更などは滅多にするものではないですし、当然ですよね。

 

これは自己破産を計画的に行おうとしたと見なされてしまい、自己破産自体が出来なくなる可能性があります。

家族が連帯保証人になっている場合は要注意!

お金を借りる時の保証人になってくれる人を探すのは簡単なことではないですよね。

 

誰しも幼少の頃から「例えどんなに仲の良い友人でもお金の貸し借りはしてはいけない!保証人になるなんてもってのほか!」

 

とご両親に言われてきたのではないでしょうか?

 

となると、保証人を頼めるのはほぼ身内、家族の誰かになるでしょう。

 

そして家族が連帯保証人になっている場合、本人が自己破産すると家族に債権が残ってしまいます。

 

配偶者である妻が保証人になっていて借金を払えない場合は、妻も自己破産をしなければならないという悲惨な状況になります。

 

また連帯保証人になっている人が亡くなってしまった場合、その権利が残された家族に相続されてしまうのです。

 

父親が知らぬ間に連帯保証人になっていて亡くなってしまうと、何も知らない家族に迷惑が…

 

そうならないためにも、もし誰かの連帯保証人になってしまった場合は、必ず家族に伝えておかなければなりません。

家族のローンなどの金融関連はどうなる?

自己破産をしてしまった場合、その後の家族の生活はどうなるでしょうか?

 

ローンやクレジットの審査は通りにくくなる?

自己破産を理由に、家族がローンを組む場合やクレジットカードの審査において不利になることは基本ありません。

 

しかし、自宅住所や電話番号が信販会社などのブラック情報に残っている場合などの例外もあるので気を付けなければなりません。

 

また、子供が希望する学校に進学出来なくなるんじゃないか?

 

就職する時に不利になるのではないか?

 

心配になるところだと思いますが、これについても自己破産について調査をされることはありません。

家族の預金口座は処分されてしまう?

自己破産をして自宅や20万円以上の財産を失った後、配偶者や子供の預金口座はどうなるでしょうか?

 

妻が専業主婦の場合、預金口座の名義が妻であっても、その口座のお金は夫の財産ということになり、差し押さえの対象になってしまいます。

 

妻名義の口座が、結婚前からのものだと証明された場合は対象にはなりません。

 

また夫婦共働きの場合、結婚前から別口座のままであれば、妻の預金口座が債務の返済に充てられることはありません。

 

ここで気になるのが子供の預金口座です。

 

基本的に子供の預金は、お年玉など子ども自身が受け取ったもの以外は、親の資金と見なされてしまいます。

 

学資保険も同様に親の資金と考えられてしまうので、教育資金がなくなるという点では、親の自己破産は子供の進学に影響を与えることになります。

 

しかし寛容な裁判所の判断次第では、子どもに必要な最低限の財産として99万円の範囲内であれば、自由財産の拡張が認められることがあるようです。

子供がローンを組む時

子供達

 

自宅住所や電話番号が信販会社などのブラック情報に残っている場合などの例外を除き、お子さんがローンを組む時に家族が自己破産をしたことは影響されません。

 

しかし、自己破産者が保証人になる場合、信用情報機関(CIC、JICC、KSC)の情報が消えた後になります。

家族にできるだけ迷惑をかけたくない人は?

借金をしてしまった事実は消せない…

 

でも家族にはできるだけ迷惑をかけたくない…

 

今のままでは返済の目処がたたずに自己破産を考えている人、

 

借金解決の方法は自己破産だけではありません。

 

仕事は続けていて今後も収入が見込める人、月々の借金返済額さえ減ればまだ何とかやっていける人、

 

そんな人には、任意整理や個人再生、特定調停と言った債務整理の方法があります。

 

場合によっては過払い金返金の可能性もあるので、債務整理のサイトを見て自分にあった最善の方法を見つけて下さい。

家族に内緒で自己破産することはできる?

自己破産をしようと考えているけど、家族にはバレたくない…

 

かなり難しいことですが、内緒でやろうとすることはできます。

 

まずは自己破産の手続きを弁護士に依頼すること。

 

諸々の手続きを行ってくれるので家族にバレにくいです。

 

本人が裁判所へ出向くのも破産・免責許可審尋の2回だけですので、行き先を適当にごまかせばいいだけです。

 

が、家族にバレないようにすることはかなりの精神的労力を必要とします。

 

クレジットカードを作成できない期間があったり、20万以上の財産は次々に持っていかれてしまうので、実際のところほぼ無理ではないでしょうか。

 

 

自己破産後も日々の生活を共にしていくのであれば、早かれ遅かれ必ず分かってしまうものです。

 

家族ならば尚更です。

 

なぜ返済が滞ってしまったのか、どうして今まで黙っていたのか、突然の告白なら驚かれて当然です。

 

ギャンブルや浪費の場合は特に言いづらいとは思いますが、人にお金を借りる前に、まずは家族に相談してみてはどうでしょうか?

 

その時は驚かれたり理解されなくても、借金を重ねた後に話されるより何倍もいいはずです。

 

何より大切な家族を守るためにも、金銭絡みのことは常に話し合っておくことが必要ですね。

  • 2017/02/28 18:09:28

私が340万円の借金を『あなたの法律相談カフェ』に相談したときの話

エミ,自画像


私が借金を作ったのはもう13年前の時。
給料をもらってもお金が足らず、消費者金融に手を出したのが始まりました。

当時は夫婦で共働きだったこともあり、また余裕あるでしょぐらいの感覚でした。
しかし元々あった車のローンと合わせて、次第に雪だるま式に借金の借入額が大きくなってしまったんです。

私が本当にミスしたのが、支払いがきつい時にリボ払いにしてしまったところ。
なんも知識ない私でしたが、クレジットカードで支払いをする時に「お客様…限度額まですでにご利用されているようで、決済が降りません」っと…。

ようやく調べてみると340万円の借金に膨れ上がっていたんです。
しかも旦那には内緒で…。

もう私の人生は終わりなのか?
そんな風に悩んでいろんな手段を調べまくっている時に見つけたのがあなたの法律相談カフェでした。

すぐに相談してみると、過払い金もあり借金も大きく減らせることがわかったんです。
即効、そのまま弁護士に相談して、最終的には223万円も借金をなくすことができました。

あのまま一人でずっと悩んでいたらきっと解決しなかったでしょうね…。
そして本当に人生終わってたかも。

私のように悩んでいる人は是非、利息や過払い金を損する前に診断を受けてみてくださいね♪

あなたの法律相談カフェ,ボタン