自己破産すると車はどうなる?

自己破産,車

まずはじめに、自己破産すると原則として20万以上の財産は債権者に分配されてしまいます。

 

車も例外ではなく、20万円以上の価値になりやすいので高い確率で差し押さえられるでしょう。

 

ただ場合によっては車を手放さなくて済む場合もあります。

 

ここでは自己破産と車について解説していきます。

 

自己破産したら車は手放さないといけない?

人生の中で大きな買い物と言えば、まずは何よりマイホーム、そして次に車だと言う方が多いのではないでしょうか?

 

大金を叩いて手にした財産を自己破産によって失ってしまう…

 

その他目ぼしい財産がすべて無くなってしまっては、今後の生活はどうすればいいのか途方に暮れてしまいますよね。

 

やはり自己破産をしたら車を手放さなければいけないのでしょうか?

 

車の価値は10年と言われている

時が経つにつれて車の価値は下がっていきます。

 

ほとんどの車は10年以上経過するとその価値はほぼ0円に等しいことになります。

 

もちろん、この場合は財産とみなされないので手放す必要はありません。

 

問題なのは車のローンが残っているかどうかです。

 

ローンが残っている場合は所有者があなた自身ではない

車のローンが残っていない場合、車のその時の価値が20万円以上なら差し押さえられてしまいます。

 

ローンが残っている場合、ローン完済まで車の名義はローン会社ということになるので、車の所有者はあなた自身ではなくローン会社になるのです。

 

その場合、ローン会社は車を引き揚げて売却することが可能になります。

 

ならば車のローンは残っているけど、車を持っていかれるのは困るから債権者リストに載せなければ大丈夫なのでは?と考えますよね。

 

しかしこれは債権者を隠す行為、「嘘の記載」になってしまうので、自己破産自体を認められなくなる可能性があります。

 

まれにローンを組んだときから車が自分名義だった場合があります。

 

この場合は、例えローンが返せなくてもローン会社は車を引き揚げることは出来ません。

 

自分名義 = 自己財産 → 債権者に分配される財産 になるからです。

 

ローン会社が納得せずに問題が起こりそうな場合は、裁判所が選んだ破産管財人にお任せするのが1番良い方法です。

 

 

自己破産をしても車の残せるケースは?

自己破産しても車を所有することはできるのでしょうか?

自己破産で残せる財産

自己破産をしても人生は続いていきます。

 

例え20万円以上の財産は無くなってしまっても残せる財産はあるのでしょうか?

 

もちろん20万円以下の時計やバックなどは残すことができますね。

 

その他にも残せる財産があるのか見ていきたいと思います。

現金は99万円まで残せる

自己破産をしても現金なら99万円まで残すことが出来ます。

 

ここで言う現金は、紙幣や硬貨のことなので、ほとんどの裁判所では預金口座にある99万円は現金とはみなされません。

 

ほとんどの裁判所というのは、なかなか現金を100万円近く自宅においている人はいないと思います。

 

なので、預金口座の99万円を現金とみなす一部の裁判所もあるということです。

 

現金以外の資産は各20万円まで

自己破産をしても、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、パソコンなど最低限生活に必要なものは「差押え禁止財産」になるので、20万円以下のものであれば処分されません。

 

でも20万円以上の最新大型テレビなどは差し押さえの対象になる可能性があります。

車の価値が20万円以下であれば残せる?

高級車を所有していた場合、車のディーラーや車販売店に査定を依頼し、車の価値が20万円以下だと証明できれば自己破産をしても車を残すことが可能です。

 

この場合、車のローンが残っている場合は認められません。

 

車の価値に関係なく残せる場合

車がなくては生活が出来なくなる…という人も多いですよね。

 

車の価値に関係なく、自己破産後も車を所有できる場合はあるのでしょうか?

自由財産の拡張

自己破産をしても、最低限その後の生活に必要なものは自由財産として認められます。

 

自由財産の拡張に一定の条件などはないので、その人の事情によって変わってきます。

 

親の介護であったり、持病があって通院しなけらばならない…

 

子供の学資保険をやめてしまうと、教育資金がなくなってしまい今後もその目処が立たない場合など事情は様々だと思います。

 

自由財産の拡張は、今後の生活において車が必要不可欠であると認めてもらうことが重要になります。

 

しかし、車のローンが残っている場合は、簡単には自由財産の拡張として認められません。

 

自己破産の前に車の名義変更を行うのは待って!

このままでは自己破産するしか方法がない…

 

そうなった時に、どうにかして出来るだけ資産を残しておきたい…

 

とまず考えるのではないでしょうか?

 

破産手続きをして自宅に加え車まで持って行かれたら困る!

 

ならば自己破産前に車の名義を妻に変えてしまおう!

 

と安易に名義変更を行うのは止めるべきです。

 

計画的な自己破産と見なされ、自己破産自体を認めてもらえなくなる可能性があります。

自己破産後の車のローンは組めない?

自己破産後に仕事で車が必要になり、車のローンを組みたい!

 

破産手続きをすると、信用情報機関(CIS、JICC、KSC)に記載され、一定の期間自己破産の履歴が残ります。

 

俗に言うブラックリストに情報が載ってる期間は、ローンを組むことは無理だと思って下さい。

 

言い換えると、履歴の残っている期間はクレジットカードも使用していない、ローンも組んでいないとことになります。

 

ブラックリストの情報が消えても、このことが返って怪しまれてローンを組めない可能性もあります。

 

詳しくはクレジットカードの時に解説しましたので、そちらで確認して下さい。

  • 2017/03/20 14:52:20

私が340万円の借金を『あなたの法律相談カフェ』に相談したときの話

エミ,自画像


私が借金を作ったのはもう13年前の時。
給料をもらってもお金が足らず、消費者金融に手を出したのが始まりました。

当時は夫婦で共働きだったこともあり、また余裕あるでしょぐらいの感覚でした。
しかし元々あった車のローンと合わせて、次第に雪だるま式に借金の借入額が大きくなってしまったんです。

私が本当にミスしたのが、支払いがきつい時にリボ払いにしてしまったところ。
なんも知識ない私でしたが、クレジットカードで支払いをする時に「お客様…限度額まですでにご利用されているようで、決済が降りません」っと…。

ようやく調べてみると340万円の借金に膨れ上がっていたんです。
しかも旦那には内緒で…。

もう私の人生は終わりなのか?
そんな風に悩んでいろんな手段を調べまくっている時に見つけたのがあなたの法律相談カフェでした。

すぐに相談してみると、過払い金もあり借金も大きく減らせることがわかったんです。
即効、そのまま弁護士に相談して、最終的には223万円も借金をなくすことができました。

あのまま一人でずっと悩んでいたらきっと解決しなかったでしょうね…。
そして本当に人生終わってたかも。

私のように悩んでいる人は是非、利息や過払い金を損する前に診断を受けてみてくださいね♪

あなたの法律相談カフェ,ボタン