債務者が生活していく上で必要最低限の財産、必要不可欠なもの、また宗教や教育などを配慮して差し押えが禁止になるものもあります。

差押禁止財産には給与や年金、退職金なども含まれます。

給与は手取り額を基準として、原則4分の3ほどが差押禁止になります。


Last-modified: 2017-03-24 (金) 14:01:24 (479d)