処分する財産があった場合、裁判所が管財人を決めて、管財人自己破産者の財産を債権者に配当する手続きです。

自己破産において、現金を20万円以上を持っている場合、20万円以上の財産を所有している場合も管財事件になります。

期間は1年以上かかり、管財人への費用は自己破産者の負担になります。


Last-modified: 2017-03-24 (金) 14:41:59 (300d)